ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
深層筋が発達した身体の特徴

深層筋が発達した身体の特徴

黒人と日本人の体型の違いから解る様に、深層筋の発達具合によって、人間の身体は大きく変化します。ここでは私が深層筋トレーニングを行う事で感じた、深層筋の発達した身体の特徴を紹介してまいります。

おすすめページ!

・<マラソン>速く走る為の才能トレーニング理論<短距離~長距離>
・これまでにない!大腰筋集中強化トレーニング!
・インナーマッスルを120%理解し鍛え上げる「骨格トレーニング」

腹部の発達

大腰筋が発達している身体の特徴は右図赤円内の様に足の付け根の所に線がくっきり浮き出る程、
腹部前面側面が骨盤よりも外に張り出している所です
これは、内臓よりも深部にある大腰筋が発達、肥大する事により内臓をはじめ腹部全体が外に押し出されているからです。

弓の姿勢
腸腰筋が発達すると骨盤は前傾します。これは言わば骨盤を前に突き出した体勢になるのです。
前傾した骨盤の位置で全身のバランスをとる為、腰の反りは深くなり、脚は骨盤から真下ではなく後ろ斜め下に伸びるのです。


手の甲の向き
リラックスして立っている時、多くの方は手の親指側が前方を向いていると思います。しかし深層筋が発達した身体では、手の親指側ではなく
手の甲が前を向くのです。私自身も深層筋トレーニングを行うにつれて自然と変化していきました。原理についてはまだ解っていませんので引き続き研究して参ります。


ふくらはぎの細さ



大腰筋の発達(機能)している黒人の動きは中央意識

骨盤内(中央)に体を動かすエンジン(大腰筋)があり、
そのエンジンの動きに足が振り回され、体の動きを作り出しています。
(足を意識的に動かしていない)


その為、体を動かす時にエンジン(大腰筋)に近い太腿には大きな負荷がかかり
末端にある ふくらはぎ にはエンジンからの負荷があまりなく太く肥大しない。



逆に大腰筋(エンジン)が機能していない動きは末端意識になります。
中央のエンジンが機能していない為、脚全体を意識的に動かしています。

意識的な動きとは、脳からの指令で筋肉を収縮させ体の動きを作り出す事です。
筋トレなど意識的に筋肉に負荷かける運動をすると筋肉が太くなと思います。


黒人のふくらはぎが細い理由は、意識的に脚を動かしているのではなく
大腰筋の伸張反射(無意識)で脚を動かしている事にあるのです。

・黒人の様な身体能力、モデルの様なキレイな姿勢を手に入れる為には!



<管理人からのお願い>
このエントリーをはてなブックマークに追加 皆様のHP,ブログ、SNS等で紹介して頂けると有難いです


・画像で見る深層筋          ・深層筋が発達した身体の特徴
・腸腰筋は区別すべき         ・顎関節症を治すには
・無意識深層筋トレーニング      ・インナーマッスルが鍛えにくい理由
・ウサイン・ボルトの走りと深層筋 
・月1万円のお小遣いを目指す!「ポイントサイト活用術」
・<マラソン>速く走る為の才能トレーニング理論<短距離長距離>
・O脚・X脚・膝下O脚を根本から治す骨格理論と運動
・肩幅を狭くし、短い足を長くする「体バランス調整術
・「猫背」は背筋を鍛えても治らない 猫背姿勢の治し方

肩幅を狭くし、短い足を長くする「体バランス調整術」 

フッターイメージ
inserted by FC2 system